沿革、組織等 当財団主催事業案内 各種団体が行う文化活動に対する助成金 県内催物情報 各種助成制度の仕組み等相談の受付 音楽関係の図書や雑誌類の閲覧 県内公立文化施設等
ホーム > 文化活動支援助成金

文化活動支援助成金


県民のみなさまの自主的な文化活動の活発な展開と個性豊かな文化活動の創造を願って、下記の対象事業に対して支援助成を行っています。
   平成28年度募集分より、要綱を改正いたしました。

改正内容
   県民文化活動推進事業の対象とならない団体に「新潟市域における芸術文化の振興を専らの
   目的に、主として新潟市民により組織された団体」を加えました。

   改正趣旨 : 県と政令市における二重行政の解消が求められていることを踏まえ、助成の対象となる団体を
          整理したものです。

平成28年度交付申請受付期間(各市町村窓口必着)

●県民文化活動推進事業
     平成28年2月1日(月)〜2月12日(金)

●国民文化祭参加事業
     平成28年8月1日(月)〜8月12日(金)

助成対象事業 助成金上限 助成金下限
県民文化活動推進事業

県内の地方公共団体、文化団体や各種団体等が県内で行う自主企画による文化事業で県民の文化に対する関心を高め、日常の文化活動を活発にする事業に対して支援します。

審査は下記の点を重視して行います。

○地域性
地域の文化資源(人材を含む)を活用し、地域コミュニティの再生又は創造を通じて、地域の活性化を目指す事業を優先します。

○独創性
団体等が自主的に企画し、単なる成果発表や買取公演等ではなく、独創的な特徴や工夫している点が顕著である事業を優先します。

○発展性
単年度毎の申請とするが、一過性に終わらない複数年の実施計画が策定されており、発展性が期待される事業を優先します。

  100万円

※ただし、助成対象経費から下記収入を控除した額を上限とします。

@入場料収入
A参加料収入
B市町村からの補助金収入
C他団体からの助成金収入
10万円
国民文化祭参加事業

県内の文化団体が全国規模の催しである国民文化祭に参加し、公演等を行い、文化の発信と交流を図る事業に対して支援します。
交通費の一部補助で
一定額

助成申請の受付窓口
助成金の要綱・申請用紙は、新潟県文化振興財団、団体の所在地のある各市町村の担当窓口までご請求ください。また、下記からもダウンロードしていただけます。申請の受付等は各市町村の担当窓口にて行います(新潟市内の方は、新潟県文化振興財団にて申請の受付を行います)。

文化活動支援助成金交付要綱・申請用紙
Excelにてダウンロードできます。
 @まずはこちらをお読み下さい。  文化活動支援助成金交付要綱(PDF) 
県民文化活動推進事業  国民文化祭参加事業
 A申請 申請書類一式(Excel)
   別記※必ずお読み下さい。(PDF)
 A申請 申請書類一式(Excel)
   別記※必ずお読み下さい。(PDF)
 財団にて審査後、交付が決定した団体に「助成金交付決定通知書」をお送りします。
 B対象事業の実施 注意事項(PDF)  B対象事業の実施 注意事項(PDF)
 C完了報告 完了報告書類一式(Excel)  C完了報告 完了報告書類一式(Excel)
 財団にて審査後、「助成金交付確定通知書」をお送りします。
 D助成金交付請求 「助成金交付確定通知書」を基に請求書を作成し、ご提出下さい。 
   助成金交付請求書(Excel)
 ●助成事業に変更が生じたとき
   助成事業変更承認申請書(Excel)
   ※「注意事項」をご参照下さい。
 ●参加人数に変更が生じたとき
   ※「注意事項」をご参照下さい。
 ●助成金交付決定を取り下げるとき  助成金交付申請取下げ書(Excel)
 ●各申請書類記載要領※記載例(PDF)  ●各申請書類記載要領※記載例(PDF)

文化活動支援助成金Q&A
Q.1 各助成対象事業は、具体的にどういう事業が該当するのでしょうか。
Q.2 各助成の対象となる団体は、どういう団体でしょうか。
Q.3 助成金交付申請の手続きなどについて教えてください。
Q.4 助成金の額はどのように算定されるのですか。
Q.5 助成金は何回受けられますか。


ページのトップへ


ホームへ 戻る  

Copyright (C) 2006 Niigata Cultural Foundation. All Rights Reserved.
ホームへ戻る